2007年10月12日

酔っ払い日記

先日、妻が友人(ロシア人♀)と食事に出かけた。バー

帰りはタクシーで帰ってくるというから、
僕は、久し振りに一人で普段クレームが多くて見れない
日本語・英語以外の映画(インファナルアフェア:香港映画他)を観賞。TV

(妻は字幕が読めないので、セリフが日本語か英語の映画しか我が家では見られない。)


場所は、横浜にあるロシアレストラン・アムールレストラン

妻は、律儀に頼んでもいないのに30分に一回自分の居場所と状況を携帯メールで知らせてくる。mail to

「ya ima kara seryotoka taberu. oishi ne」
(ya=私の意味)(seryotoka=ニシンの塩漬けでロシア料理)
(私は今からセリョートカを食べるのだ。うまいぞ。)

「wisky to kora ya sugoi suki umaiiiiii!.wine iranai.」
(wisky=whisky) (kora = コーラ)
(ウィスキーコーラがすごいウマいぞ。もうワインなんていらない)

などとほぼ内容はない。



夜も更けて1時ごろ。
さすがに酔っぱらってるのか、定期メールもこなくなってきた。ビール
と思ったら、酔っ払ってわけがわからないから迎えにいこい。ふらふらという。

で、車で15分アムールに迎えにいったら、店中にロシア人男性10名程度と、
妻と友人の2人がカラオケでもりあがってたexclamation

妻の歌で男性の半数は半裸で踊ってる。音楽

店にある椅子という椅子がすべて妻たちの席の方を向いてる。

しかもテーブルの上には、たくさんのショットグラス。バーバーバー

こいつらどんな飲み方をしてるんだ。

店員も含め一人だけ日本人のおれ。僕一人ガイジンだ。

なんかちょっとコワいなー。がく〜(落胆した顔)

すると、妻がロシア語で
「私のダンナが来たから、そこの席を開けなさい」
と隣の身長195cmはある屈強なロシア人♂に大きな声で言ってる。

妻の眼も屈強なロシア人♂の眼もすわってる。
完全なよっぱらい状態だ。

妻はだんだんと喧嘩口調になってくる。ちっ(怒った顔)
男もなんだか四の五のいって言い争ってる。ちっ(怒った顔)

ロシア語って、真面目に話していると喧嘩口調に聞こえるんだけど、
この数カ月で、本当に喧嘩しているのかそうでないかは
わかるくらいになってきた。


僕の心:ナンカチョットヤダナー。がく〜(落胆した顔)
だんだんと、回り他10名の眼が僕に集まってくる。
僕の心:ナンカサラニヤダナー。がく〜(落胆した顔)
だんだんと、回り他10名の緊張感の抜けた表情が緊張感を見せてくる。
僕の心:タブン、オレダケシラフダナー。もうやだ〜(悲しい顔)

僕は割と体格のでかいほうなので、あまり弱弱しくみられないほうなのだけど、
心のなかでは、「ドキドキ、ドキドキ」揺れるハートしてた。

ふと、屈強なロシア人♂が、妻に、
「こいつは、何をしているのだ。マフィアか?」
と僕のことをロシア語で聞いた。

すると、妻が、
「チガウ、コンピューター技術者だ」猫
といった。

そうだ。そうだ。僕は図体はでかいけど、キーボードとマウスを
いじくりまわしているコンピューター技術者だ。
マフィアって何のいいがかりだ!まったく。むかっ(怒り)

すると、屈強なロシア人♂は、急に笑顔になり、
「僕は自動車部品をロシアに輸出してるんだ。お前も飲め!」
(この辺から、妻の通訳で会話してます。)

なんだ、俺はマフィアと勘違いされてたのexclamation&question

とりあえず車なもんで、お酒は飲は辞退させてもらいましたけど、
コーラで、酔っ払ったロシア人♂たちとたくさん乾杯してきました。

店を出たあと、妻と友人は、「酔っ払いは大っきらい!」

といってました。

いやいや。貴方たちもじゅうぶん酔っ払ってますよ。ビール

というか、屈強な男10人にかこまれて、良く女二人で飲めるよね。右斜め下
posted by ガルボ at 14:47| Comment(16) | TrackBack(0) | 酔いどれ寄稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ウォッカの飲み方

せっかくなので、ロシア流ウォッカの飲み方も書きます。

みんなで飲むときは、日本と同じく乾杯をします。



↑こんなグラスでのみます。


まず最初に主催者にあたる人ないし、その場のリーダーが

「○○の為に乾杯」といい、互いに杯をぶつけあって、

乾杯をします。

そこで、ウォッカ用のグラスに入れられたウォッカを一気に飲み干して、

めいめい肴をつまみます。

blackvodka.JPG

肴は一般家庭では、
油で焼いたジャガイモ、マッシュポテト、ピクルス、
生野菜+サワークリームやマヨネーズや、フライの魚など。

そして、すぐさま2杯目の乾杯がはじまります。

2杯目の乾杯も、だれかが少し祝辞やアネクトード(ロシアの小噺)
をのべて、「○○の為に乾杯!」とやります。

同じく一気に飲み干します。

3杯目も同様ですが、3杯目は「愛の為に乾杯!」といいます。
ちなみに、愛の為に乾杯するときと、死者の為に乾杯するときは、
グラスをぶつけません。かるく手前に持ち上げて乾杯します。

3杯目までは、足早に飲み干し、そこでようやく一息つきます。
あとは、4杯目5杯目と毎度毎度祝辞を述べ乾杯を行い、
ボトルは空になり、新しいボトルの封がとかれ、
ロシアの夜はふけていきます。

ビールやワインではこのようにはしないのですが、
ウォッカに限っては、必ず飲むときには乾杯をして、
皆で飲みます。一人で自分のペースでちびちびやってると、
マナー違反だとか。

皆様、これから年末年始お酒を飲む機会が増えると思いますが、
くれぐれも飲みすぎませんよう。。。
続きを読む
posted by ガルボ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 酔いどれ寄稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ウォッカ

昨日は、妻とウォッカを飲んでみようということになり、

勢いついて、二人で1本まるまるあけて、今朝はちと二日酔いです。

(普段は危険なので飲みません。)


スミノフ飲みました。



ロシアといえばウォッカ。

ウオッカといえばロシア。

僕はいまでもロシア人といえば、毛むくじゃらの帽子と

毛むくじゃらの髭づらで、ウオッカをあおっては、

コサックダンスを踊って体を温めるロシア人を思い浮かべます。

そんな、ロシアには欠かせないウォッカですが、

日本にあるウォッカって、ロシア産のものが無いんですね。



【1】
昔ボヤを起こした事のある恐怖のウオッカ「スピリタス」は、
アルコール度数99%で、ポーランド産



【2】サントリーアイスウォッカは日本産。

766円


【3】ウォッカの王様といえばアブソルートはスウェーデン産。


あとは、探しても探してもフィンランドだのドイツだの、オランダだのと
ロシア産がいっこうに出てきません。

ウォッカといえば、ロシアなのに、不思議だなーと

思ってたら酔った妻が一言。

「ロシアノウォッカハ、ロシアジンガゼンブノムカラexclamation

「なるほど!」




 ↓ポチッと押してもらえるとうれしいです。
*-国際恋愛・結婚ブログランキング-*にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛・結婚へ




続きを読む
posted by ガルボ at 22:16| Comment(4) | TrackBack(6) | 酔いどれ寄稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

たまには酒でも。

仕事で外で飲むことが僕は多いのですけど、
早く帰れた日や週末前にはウチの奥さんと時々晩酌をしています。

僕は家では焼酎しか飲まないので、妻も一緒に酎ハイかビールを
飲んでます。ビール

先日、ところでロシアではどんなお酒を飲んでたの?
と聞いてみました。
僕は、ロシアといえば思い出す回答はひとつだけ!

もちろんウォッカ!!!
カニエシナ!(あたりまえ)


という答えが返ってくるかなー。と思いきや、
ウォッカは嫌いだそうです・・・・・
今ロシアでは、若者の間でウォッカ離れが始まっているらしく、
「まずは、ビール」が普通なんだそうです。
で、そのあとは、ワインorシャンパンだそうです。

そりゃ、まあ日本人でもいきなり日本酒飲んでる人もあんまりいない
と思うから、不思議じゃないといえば不思議じゃないのでしょうけど。。
なぜか残念な気持ちになってみたり。

へー他にはどんな酒飲むの?と聞くと、
マティーニトニックが一番好き!

へ?マティーニのトニック割りですか?

マティーニ自体が、ジンとドライベルモットという2つの酒を
混ぜ合わせたカクテルです。
それに甘いトニックを加えるとなると、ちょっと悪酔いしそうです。

ウヘー

ウォッカ飲んでた方が絶対体にやさしそう。。。
と思って、ものは試しだ、

かつて居酒屋でバーテンの真似事をした事のある僕は、
マティーニのトニック割りを作って見ました。
すると、
「ニエト、ゼンゼンチガウ、ナニコレオイシクナイ。」
と、はっきりと否定されまして。。。もうやだ〜(悲しい顔)

だって、あんたがマティーニトニックっていったんじゃん。。。
ぶつぶつぶつ。。。


後日、横浜の外国人が多い界隈のショットバーに行く機会があった時に、
そこのバーテンさんに聞いて見ました。

「あーロシアのお嬢さん達が良く飲むのは、

マルティーニのトニック割りですねバー

「なぬ!?マルティーニ? マティーニじゃないの?」
マルティーニというのは、イタリアのドライベルモットの商品名でした。

↓これ
マルティーニエキストラドライ 750ml ★ベルモット★

日本で良く飲まれるチンザノとかと同じですね。
という事でさっそく注文してみました。

近くのコンビニでトニックウォーターを買って、割って飲んでみました。
妻いわく「オー!コレデス。オイシイネ!」だって。

アルコール度数もワインと変わらないし、ワイン買うよりも経済的。
これなら置き酒しててもいいかもしれない。手(チョキ)
posted by ガルボ at 16:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 酔いどれ寄稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングにご協力ください→cheb3.jpg

DVD/CDレンタル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。